カカオ豆からチョコレート作り

日々、カカオ豆からチョコレートを作る方々のお話を聞いたり

こだわりのビーントゥーバーチョコレートを食べていると、

普段からカカオ原料側に触れている私は、

「私もこの原料でチョコレート作りたい」という気持ちになります。

前回作ったのは、バレンタイン。

今回は前回より美味しくしたいものです。

前回のブログを読み直して、微調整をしてみました。

今回はフライパンでローストしてみました。

消えそうなくらいのとろ火で、ずっとかき混ぜながら、30分。

そして皮むき。前回のオーブンのときより剥きやすかったです。

ローストすると、すごーくいい香りが広がります。

ゴリゴリ、ゴリゴリ、すりつぶすこと2時間半。

前回すりつぶすのに半日かかったので、今回の量は少なめにしましたが、

やはり2時間以上はかかります。

ある程度すりつぶせたら、今度は湯煎しながら、またゴリゴリ。

砂糖も投入。今回はまろやかさを少し多めにするためにカカオバターも入れました。

さらに1時間半くらいだったかな、ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ。。。。。。。

疲れる疲れる。。。。。。。

それから熱い湯に入れて、氷水に入れる、というテンパリング的な事をして。。。

オッケー!ハロウィン型に流し入れました。

ハロウィンチョコレートの出来上がり♡

計算すると、80%カカオの高濃度。

旦那とウイスキーを飲むときに食べるのにちょうどいいビターさ。

貴重な一粒。

こんなに疲れるチョコ作り、もうやりたくないのに、

またしばらくしたらやりたくなる味。

そろそろ卓上メランジャーが欲しいですね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square