ロゴNEW2017.png

2021年のアクションプラン

日本からベトナムに戻った2月中旬の隔離期間に作成したのが

今年のBINON社のアクションプラン。

隔離期間はこういう事を考えるのにも良い期間かもしれない。


隔離終わり、現場に戻って製造と営業部署とシェアした。

これから毎月振り返りながら進捗チェックしていきます。


ブログはあまり更新してなくって、

でも時々、記録に残す事があったり、ふと思い出した時にブログを見ると

2,3ヶ月過ぎてたりする。。。

そういうわけで、このアクションプランの中の要点を書き出して公開し、

数カ月後にブログを見た時に、自分目線で振り返られるようにいたします。


まず今年の目標は「知名度をあげる」「ブランド力を高める」こと。

その視点でのアクションプランからの抜粋です。


「オンライン販売、BtoCの促進」

・ホーチミンの拠点を作る、HCMで在庫管理し、直接デリバリーできるようにする。

・オンライン販売機能を充実させる。(FB,WEB,LINE)

・商品のウエブサイトの制作。


「新商品の開発」

・オンライン販売拡充に伴い多様な新商品を展開して、広報、マーケティングにつなげる。

 (スティックチョコ、クッキー、ガトーショコラ、バナナチップス)

・季節、イベント商品(バインチュントゥ、女性の日、クリスマス、テト)づくり。

・HCMで販売できなかった焼き菓子やケーキ等のチョコレート以外の商品を、

ホーチミンのキッチンで作り、最初はBtoCで販売していく。

(来年にはBtoBにもつなげていきたい。)


「イベントの開催、参加」

・HCMで開催されるフェスへ参加

・自社でのイベント開催(HCM拠点で月1回、BRVTで月1回)

・インターナショナルアワードへの挑戦

・高島屋での


「営業・マーケティング」

・委託販売・卸販売先は、今年中にHCM市内10店舗。

 しっかりと顧客フォローをして販促活動を共に充実させていく。

・マーケティング人材、これ重要。FBやインスタをセンスよく効果的に運営できる人材。

・適切で効果の高い広告。


「日本、各国への輸出」

SUNGELA社の事業分野になるけれど、来年の日本への輸出拡大へつなげたい。

まずは2月にFOODEXへ参加。




特集記事