ロゴNEW2017.png

2回目のロックダウン ホーチミン 

5月31日から社会的隔離(ソフトロックダウン)が始まって、

これは飲食店や商業施設の営業禁止というもので、日本の緊急事態宣言以上に厳しいので、

長くても1ヶ月くらいで陽性者数が減り、もとの生活に戻れるだろうと思っていた。


ところが6月末になっても減らず、さらにはPCR検査のローラー作戦で陽性者のあぶり出しを始めたこともあり、陽性者数はどんどん増加、

とうとう一昨日、7月9日から首相指示16号の一番厳しいロックダウンがきてしまった。

まさかのデリバリー禁止。


私の今年の目標はビノンの認知度アップ。

いよいよマーケティング、営業活動に集中しようと、ホーチミン支店をようやく6月22日に開業した。

そして立ち上げの様々な業務に集中していた。人員採用、教育、出庫入庫管理、受注システム、販売オペレーション、入出金管理、マーケティング、、、、、

そして、これからはキャンペーンとか、新商品の販売!と準備している矢先に…


さらに私は7月末には日本に一時帰国。

7月中には支店のオペレーションだけでも落ち着かせておきたいと、帰国までの日程にあわせて「TO DO LIST」でスケジュールを組んでたんだけどね。

ダメか。いくつかのプランは断念せざるを得ない。


ロックダウン開始2日間は、スタッフを週3シフト出勤にして、なんとか少しでも前に進もうとした。

スタッフも絶対公安を怖がってるだろうけど、私の意思を聞いたからか、何も言わず頑張って来てくれていた。



でも今日、日曜日に家の周りを散歩していると、公安がバイクで見回りしていたり、

エリアにバリケードはって完全にエリア封鎖していたり、

多分、明日からはスタッフの出勤が難しくなって、どうしても営業が難しくなるだろうな。

いや、食品販売している店舗は営業できているから、私達も続けることができるかな。



スタッフが来てくれれば、私がベトナムにいる残り2週間での「To do list」を少しでも多くやれるんだけどな。

はあ、今回のロックダウンはどれくらい続くのだろうか。

みんな言うように8月末まで続く?

1ヶ月半も休業状態?

そこまでもつかな…


いや、だからこそ日本で、できる事をやるしかないな。

引き合いの話も何件かもらっているので営業したり、

在庫薄くなってるので、輸入して販売強化したり、

お得意さんに会いに行ったり、

そしてリモートでベトナム側を動かしていこう。








特集記事